三十路女のくだらない日々。


by kutuganaru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バイトの帰り道、一匹の犬を見かけた。
がじゅまるの木に恋をしているらしかった。
非常に一方的である。
ちょっとした世間話をしてみると、
「全然私に興味がないようだけど、そこがまた、いいの」
と、非常に満足げである。
(これはこれで、いいのかもしれない)
私はまた、自転車をこぎはじめる。

犬はいつまでも、好き好き大好き、と遠ぼえをしている。
夜空に、好き好き大好きが、いつまでもこだましている。
[PR]
by kutuganaru | 2006-02-18 00:44