三十路女のくだらない日々。


by kutuganaru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

光ってみえる

ねむい。
最近は、とても、眠い。
ぼーっとしていると、すぐ寝てしまう。
起きているのが、疲れる。

のどが乾く。
お腹が空く。
眠い。
学校に行く。
友だちとしゃべる。
眠い。
掃除をしなくては、と思う。
雨が降っている。
眠い、眠い。

光って見えるものは、得てして私の眠気を誘う。
暖かい場所は、私を夢の世界へといざなう。

そして、毎晩、夢を見る。
もう、いなくなった人が、出て来る。
大好きな人も、出て来る。
でも、なんだか気まずい状況である。
いなくなったはずの人は、なぜか私に馴れ馴れしい。
大好きな人は、なぜか私によそよそしい。
私は、ただ、流される。
状況に、人込みに、風に、流される。

私はこんなに、なんとない人間であっただろうか。
もう少し、はっきりとした人間ではなかっただろうか。
輪郭がぼやけている、と自覚出来る。
それは、光のせい?それとも夢のせい・・・?眠気のせいであろうか。

f0006660_17412810.jpg

[PR]
by kutuganaru | 2006-11-17 17:48