三十路女のくだらない日々。


by kutuganaru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

新しい一歩は

踏み出すのが難しい。
なかなかうまく、いかない。
例えば踏み出そうとすると、電話がなってしまったり、目の前に蛇がいたり、雨が降り出したり。

いくら泣いても、吐いても、叫んでも、きりがないのだ。

涙や、胃の内容物や、垢とか、鼻水とか、子宮内の血液とか、全部全部体から出して、からからに乾いたら、楽になるというのか。
全部なくなって、そしたら私はキレイで汚れのない存在になれるかもしれない。
夜中の私は考える。
そんなことしたって、なんもかわらないでしょう。
朝の私が考える。

朝の私は、あっさりしている。
夜の私に比べて、とても潔い。

清く潔く、いたいと思う。
そういられるなら、私頑張ってみてもいいかなと思う。

でもさ、いくら頑張ったって、どうしても無理なことってあるんだなー、って思ってしまった、23の夜。

謝る事しか出来なくて、むなしくなるよ。

ちっ
あれもこれも、全部生理のせいか。










ちがうか。
[PR]
by kutuganaru | 2006-09-28 13:04