三十路女のくだらない日々。


by kutuganaru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

月経について

月経により、朝から結構苦しむ。
先月に比べ、驚くほど、重い。
腹の、下の方に、丸くて、柔らかくて、重い、何かが乗っかっているようである。
血液の量も、半端ではない。
ジーパン2本と、古着のスカート1着を、赤く染めてしまう。

そんな話を、低い声で、だらだらとしゃべっていると、友人が、こんな話を始めた。

その友人、なんと月経がないのだという。
生まれてこのかた、ないと言うわけではない。
ほんの1年数カ月前まで、不順ではあるものの、あったようである。
その1年数カ月前、現在の彼氏と付き合い始めたらしい。
付き合い始めてから、月経が来る気配が、いっこうにない。
そんなとき、ひょんな事から、別れ話になったのだと、言う。
8ヶ月ほど、前の話である。
別れ話をした、その日、月経は訪れたらしい。
それから一週間、血液は流れ続け、一週間後。
彼氏の、よりを戻そう、という連絡が来ると同時に、月経は去っていったと言う。
そして、そのときから、今までの間、一回も、月経はないらしい。
そんな彼氏が、昨日、旅立ってしまった。
沖縄ではない場所で、就職してしまうのだ。
向こう2年間、会えないという。
だから、また来るようになると思うんですけどね
と、笑う彼女。
さぞかし、悲しい事だろう。
たくさん泣きました、と、笑って話す。
強いあなたが、私は好きよ。
[PR]
by kutuganaru | 2006-03-22 00:39