三十路女のくだらない日々。


by kutuganaru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

だいぶ前の事ですが、会社の先輩に「冷たい熱帯魚」を軽い気持ちでオススメしたら、
それからすっかり猟奇キャラになってしまいました。
おかげで血みどろ、スプラッター、暴力、セックス、サイコスリラーの情報には困りません。

そんな中話題になったこの原作小説を、映画公開1週間前に借りて読みました。


f0006660_13321232.jpg
そもそも、このカラスの表紙で全然読む気になれない(怖そうだから)


借りても最初は全然読む気になれなかったんですが(なにせ怖そうだから)、
映画は気になっていたので、タイミングも良いし、と思って読み始めたら、
ナニコレ、すごく読みやすい。

(思ったほど怖くないじゃん)

と上巻はスラスラ読み、すぐに下巻に着手すると、中盤くらいから様子がおかしい。

(え。怖いんだけど。めちゃくちゃ怖いんだけど~~~!!!)

恐怖におしっこチビりそうになりながらなんとか読み終えました、公開前日。

そして、公開日に行ってきました。

f0006660_1339086.jpg

@ユナイテッドシネマ浦和。
20時45分開始の回にも関わらず8割方埋まってました。主に若者。
男女比はそんなに偏りなく、カップルがやや多いように感じました。(ちなみに私は1人)
さすが海猿です。

原作:貴志祐介
監督;三池崇
出演:伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、浅香航大、林遣都 ほか
ストーリー:生徒からも教師からも人望の厚い、「よくできた」教師、蓮実聖司。
       しかし彼は、他人との共感能力を持ち合わせていない、サイコパスであった。
       自分に都合の悪い人間は排除しながら、自分の居心地のいい場所を確保しながら
       生きてきた彼は、ある些細なミスから、クラス全員皆殺しをする計画を実行する・・。


映画を見ていてまず思ったのは(小説読んでない人にわかるのかな?)ということでした。
小説を前日に読み終えた私にとっては、小さなヒントから、小説の一部分を想像することが可能でしたが、
読んでいない人からしたら、謎のカットが入ったなと感じるであろう部分がしばしば。

私はこの間のタマフル秋の推薦図書特集でおそらく伊藤聡さんがおっしゃっていた事を思い出しました。

「映画化するのに適しているのは短編小説である」

それに対してこの作品は、すらすら読めてしまうとはいえ、文庫でも上下巻。
映画で表現するにはちょっと長過ぎたのでしょう。

以下ネタばれ入ってくるので、隠しますが観た人(もしくは小説読んだ人)は読んでください!!

More
[PR]
by kutuganaru | 2012-11-16 18:11 | 映画