三十路女のくだらない日々。


by kutuganaru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

パラダイスの夕暮れ

フィンランドの巨匠アキ・カウリスマキ監督作品、初期の敗者3部作?らしい。

彼の作品に出てくる登場人物は、ほぼ敗者だ。
それに比べて、今回の主人公ニカンデルは、割とまともだった。
頑張っていたし、まともな生活をしていた、気がする。
イロナは自由気まま、奔放な女性で、結構かわいい。
演じてるカティ・オウティネンは、カウリスマキ作品の常連であるが、わたしが見た中では一番かわいかったし、派手だし、なんかモテてるし。

ニカンデル役のマッティ・ペロンパーもカウリスマキ作品の常連で、外国人の顔を全然見分けたり覚えたり出来ないわたしでも、すっかり覚えてしまいました。

いいんだよねー

たばこがうまそうなんだよねー

カティ・オウティネンが、ばかばか吸うんだよねー

あれは、吸わない人でも吸いたくなるっしょ。

だめ人間のすすめ。


最低だよねー
カウリスマキ。

そして最高だ。
[PR]
by kutuganaru | 2008-11-30 23:50 | 映画