三十路女のくだらない日々。


by kutuganaru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

またまた久しぶりの更新だー【『ドライヴ』】

ライアン・ゴスリング主演『ドライヴ』見てきました。
全部書いてるからこれ【ネタバレ】どころの話じゃありませんね。
未見の人は読まない方がいいかも!!

別に、これが久しぶりに更新するに値する作品だったから更新した、
というわけではなく、気分です、気分。

いつも映画見た後、twitterとかでつぶやいて終わりにしちゃうんだけど、
そうすると、見た直後の感想忘れちゃうんだよね。
いろいろ頭の中でこねくり回してるうちに、
結局自分はどう感じたんだろうとか、わかんなくなっちゃうのってもったいないすよね。

昼はスタントマン&自動車修理工、夜は犯罪者を逃がすドライバー。
天涯孤独な男が、アパートで人妻のアイリーンと出会う。
彼女とその息子と次第に仲良くなるドライバー。
しかし彼女には服役中の旦那が。そしてその旦那、もうすぐ出所してくるのです。

出所した旦那は、刑務所内で多額の借金を作っていて、
その不当な借金を返すために強盗を強要されるのですが、
主人公はその逃げる際のドライバーをすることに。
しかしその強盗は仕組まれたもので、旦那はあっけなく殺されてしまう。
共犯者のふりしてお金をもって車に乗り込んだ女もその後めった撃ち。

ここから突然バイオレンス前回血みどろスピードアクションに!

そこまでは、キャリー・マリガン演じるアイリーンとドライバーの淡い恋の予感とか、
超度級に(途中言語障害かと勘違いするほど)寡黙なドライバーの仕事のたんたんぶりとか、
結構静かな雰囲気で、まあそれが若干怖いではあるんだけど、
怖いくらいの静謐な?てか冷めた空気感なのね。
だから後半の動的な部分がさらに生きてくるんだと思うんだけど。

そっからはもう、人がどんどん死んでくわけよ。
容赦ないわけ。
ドライバーも命かかってるしね、なによりアイリーンとその息子の命もかかってるから。
超必死。
あたし銃とかライフルとか?の事知らないからあれだけど、
なんか頭が吹っ飛ぶくらい強力なやつで撃たれたり、
顔面をつぶれるほど踏みつけたり、頭に金槌で銃弾を打ち込もうとしたり、
超良く切れる剃刀で腕スーーってやったり、後半の海辺のシーンはほぼホラーの領域。
ひえーーー!
隣の女の子と一緒になって(赤の他人だけど)、手で目を被っちゃう部分も。
あ、指の間からしっかり見ました。なんとか耐えられるレベル。怖いけど。

この寡黙なヒーローがね、ものすごくかっこいいの。
ライアン・ゴスリングに萌えました。
キャリー・マリガンと合わせてね、二人で目で演技するのよ。
何度もきゅーーーん、としてしまいました。
目は口ほどにものを言うね。ほんと。

まあ何にせよ全編通してのドライヴ感がマジすごい。
そのドライヴ感に関しても、前半の静的さと、後半の動的さの対比もちゃんとしてる気がします。
最後までドライバーであり続けた彼に、グッと来ちゃいます。

あと劇中の音楽も相まって、相当スクリーンに引きつけられます。
背もたれから背中を離してついついググっと前のめりになってしまうほどの締め付け具合。

その音楽がね、すごく久石譲っぽく感じたんです。
それもジブリのではなく北野映画の久石譲ね。
ストーリーの無情な感じとか、なんていうか、ハッピーともバッドとも違う終わり方。
それも含めて、とても北野映画を感じました!!

あたしがちょうど求めてた分量の刺激!!
興奮の一本でした〜でも疲れた〜〜そして悲しい〜〜

おしまい。
[PR]
by kutuganaru | 2012-04-12 00:08 | 映画