三十路女のくだらない日々。


by kutuganaru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

熱海の捜査官

今日は十五夜だそうですが、
もうすぐ雨みたいです。

もう降っていたらどうしよう…。


テレビ朝日金曜11:15~ナイトドラマ「熱海の捜査官」。
三木聡特有の小ネタプラス本格ミステリーの雰囲気満載で、
毎週欠かさず、そりゃあもう楽しみに見ていたのですが。

最初から最後までなぞを散りばめたまま、
まあ良くわからないまま、なんと全8話という短さで終了してしまったのです。

あまりにもわからなすぎて、不完全燃焼過ぎたので、
後日ネットにて検索しまくってみたわけですよ。そしたら。


もう、度肝を抜かれました。
なんということ。。

ちっとも真相にたどり着けなかった自分より、
その真実に気づいた人たちがたくさんいたことに、私はびっくりしてしまいました。
といっても、本当の真相はさすがにわからず、
数ある推理も、すべて納得がいくというわけではないので、
これは
「だいたいわかりましたよ。」
というくらいにしておいて、だいたい、以外の部分は自分の信じる結末、ということでいいんじゃないかと思うのです。

たとえば、
南熱海の住人はすべて死んでいる、つまり南熱海は死後の世界である、という見解と、
南熱海は生と死のはざまにある中つ国のような場所で、
存在している人には、生きている人も死んでいる人もいる、という見解。
また後者にしてもだれが生きていて誰が死んでいるのかという見方は人それぞれであったりします。
私は後者つまり生きている人と死んでいる人が混在している、という見解を信じ、
誰が生きていて、誰が死んでいるのか、という部分に関しては、
DVDが発売されてから再度見て、自分で考えようと思っています。

その真相にたどり着くまでに、
登場人物の名前の由来とか、エンディングテーマの東京事変の「天国へようこそ」という曲とか、
散りばめられたセリフの断片とか、様々なファクターを用いて描く様は、
ドラマとしてはかなり画期的で素晴らしいものではないでしょうか。映画ならありそうだけど。

三木聡の作品は、だいたい見ていますが、こんなに深く考えたことは一度もなかった。
「インスタント沼」や「時効警察」、「図鑑に載ってない虫」など…。
三木聡の新しい一面、と最初はとらえていたのですが、
よくよく調べてみると、彼の作品は、割と「生と死」をテーマとしていることが
多いみたいですね。小ネタでうまく隠しつつ。

私の好きな作家に、今や女子大生に大人気の、森見登美彦という方がおられますが、
彼の作品にも、「同じ阿呆ならおどらにゃ損そん!」とばかりにふざけの境地ともとれるものと、
「きつねのはなし」や「宵山万華鏡」のように、京都の妖艶な雰囲気で綴られる
不思議なものがあります。

でも不思議と、両者とも同じ人の作品であるということが、妙にしっくりくるんですよね。

そんなこんなで、今は「熱海の捜査官」のDVDが発売されるのを、心待ちにする日々です。
ちなみに発売日は2011年1月下旬だそう。

「熱海の捜査官」の解説が詳しく読みたい方は、
「熱海の捜査官 最終回 ネタばれ」とかで検索するとたくさん出てきます。
公式HPのBBSも面白いですよ。


おしまい
[PR]
by kutuganaru | 2010-09-22 22:07